土木施工管理技士になるためには

こんにちは!静岡県浜松市に拠点を構え、静岡県や愛知県にて、道路、橋梁、河川のほか、幅広い土木工事を請け負っている株式会社宮島建設です。
国家資格である施工管理技士の1つである「土木施工管理技士」は、土木工事の現場で、主任技術者や監理技術者になるために必要な資格です。
今回は、土木施工管理技士になるための必須事項についてご紹介いたします。

資格試験の受験

土木施工管理技士の資格を取得するためには、資格試験を受験しなければなりません。
学科試験と実地試験があり、それぞれ別の日に行われます。
2級は、学科試験が年2回、実地試験が年1回行われます。
1級は、学科試験が年1回、実地試験も年1回の日程で行われ、実地試験まで合格すると晴れて土木施工管理技士になることができます。
1級の試験が学科・実地ともに、年1回のみですので、願書の出し忘れというようなミスに気をつけなければなりません。

学歴と実務経験

土木施工管理技士の資格試験は、だれでも受験できるわけではありません。
学歴や実務経験に応じた受験資格が存在します。
1級土木施工管理技士をみてみると、大学の土木科などの指定学科卒は実務経験1年以上、指定学科以外卒は実務経験4年6ヶ月以上で受験資格を得られます。
高卒の場合は、指定学科卒で実務経験10年以上、指定学科以外卒だと実務経験11年6ヶ月になります。
その他、短大、専門学校卒や2級合格者の場合など、とても細かく分けられています。
いかなる場合でも、土木施工管理技士の1級を取得するには、十分な実務経験が必要です。

現場においての指導・監督の経験

受験資格を先述しましたが、受験資格に必要な実務経験の中に「指導監督的実務経験1年以上」という条件があります。
指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者などの作業員に指示する立場で、現場監督を経験した年数になります。
ただ土木作業員の実務経験を重ねるだけではなく、指導的立場での経験も求められるのです。
土木施工管理技士になるには、長い道のりを歩まなければなりませんが、コツコツと日々努力を重ねれば新しい道が開け、ステップアップにつながるでしょう。

【求人】宮島建設では新規スタッフを募集中!

弊社では、土木工事現場の現場監督や土木作業員を募集中です。
現場監督においては、普通自動車免許の他、1・2級土木施工管理技士の有資格者の方を優遇しております。
また、土木作業員では、未経験者や転職者も歓迎しております。
建設機械免許をお持ちの方は優遇いたします。
未経験者の方には丁寧な指導を行い、資格をお持ちでない方には、弊社の資格取得支援制度にて、働きながら資格取得を目指していただけます。
土木工事技術を身につけ、資格を取得したい方は、ぜひお気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

浜松市中など静岡県の土木・解体工事は(株)宮島建設
ただいま業務拡大に向け新たな土木作業員を求人中です!
株式会社宮島建設
〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町1133
電話:053-471-1707 FAX:053-471-1709

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

メロンパン。

メロンパン。

昨日、浜松駅前を通ったらかなりの行列。何かな?と思ったらメロンパン売ってました。今度時間のある時買っ …

土木工事の施工管理技士・作業員を募集中です!

土木工事の施工管理技士・作業員を募集中で…

こんにちは! 株式会社宮島建設です! 弊社は静岡県浜松市を拠点に、土木工事や外構工事、解体工事などを …

塩谷立。

塩谷立。

本日は午前10時より塩谷立後援会大会に来ております。 …